食のチカラで、町が動いた。

コンサルティング×クリエイティブ=フードブランディング

サンプルラボ
フードブランディングとは
用語集 Q&A
セミナー・研究会
FOOD BRANDING NEWS
2018/03/01(木)
「どらまめ」で町が活性化 地方創生に向けた千葉県印旛郡栄町の取り組み

千葉県栄町の特産品どらまめ。兵庫県丹波地方が発祥とされる黒大豆の最高品種「丹波黒」で、栄町でも1998年に栽培が始まりました。町のイメージキャラクター「龍夢(ドラム)にちなんでこう名付けられ、2003年には商標登録もされています。町は活性化に向けてどらまめのブランド化を画策し、国の地方創生加速化交付金を活用、2年間毎月会議を行い、県のアンテナショップとイベントでの積極的な試食販売や、パンフレット、包装紙など販促ツールの刷新で、周知活動に意気込みをみせています。

千葉県の北部中央に位置。農業が主要産業で、特に黒大豆の生産量は関東でも随一。最高級黒大豆「丹波黒」の栽培に1998年から取り組み、安定生産に成功。2003年に「どらまめ」として商標登録し、地域ブランドとして大きく躍進させました。

1 2 3 4 5